« 大手小町と「有鄰11月号」 | トップページ | 『銀花の蔵』発売中。 »

2022年10月28日 (金)

小説宝石11月号

短編「アーム式自動閉塞信号機の夜」が小説宝石11月号に掲載されております。

滝の茶屋で生きる女郎みよの哀しい物語です。

岡田航也様による挿絵は草餅と椅子。

読めばタイトルと挿絵の意味がわかります。

こういうものをお好きな方がいればよいのですが。

興味がおありの方は是非。

Img_2892-002

« 大手小町と「有鄰11月号」 | トップページ | 『銀花の蔵』発売中。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。