« 『人でなしの櫻』発売中です。 | トップページ | 『イオカステの揺籃』発売中です。 »

2022年6月20日 (月)

『人でなしの櫻』書評関連まとめです。

ご無沙汰しております。

すっかり放置しまして申し訳ないです。

ツイッターのほうが手軽なので、ついついあちらばかり更新してしまいます。

もしよろしければツイッターをのぞいていただければ幸いです。

とりあえず『人でなしの櫻』書評関連の記録をまとめておきました。

(まだまだ漏れがあるかもしれません。申し訳ありません。どうぞご容赦くださいませ)

 

4月7日の日本経済新聞「目利きが選ぶ3冊」にて野崎六助様に『人でなしの櫻』を紹介していただきました。

 

週刊現代4月16日号に東えりか様に『人でなしの櫻』の書評をいただきました。

 

小説現代5・6月合併号<人でなしの櫻 発売記念>
遠田潤子×村山由佳『人でなしの櫻』刊行記念対談 
「小説でタブーを超えるということ」
『人でなしの櫻』書評を村山由佳様にいただきました。

 

4月30日付読売新聞大阪本社版夕刊に『人でなしの櫻』に関するインタビューが掲載されました。

 

本の雑誌6月号「新刊めったくたガイド」にて『人でなしの櫻』をご紹介いただきました。

 

週刊文春5月26日号「著者は語る」で『人でなしの櫻』をご紹介いただきました。

 

夕刊フジ5月17日号で『人でなしの櫻』をご紹介いただきました。

 

日刊ゲンダイデジタル 西條奈加様に『人でなしの櫻』をご紹介いただきました。

 

東京新聞で青木千恵様に『人でなしの櫻』をご紹介いただきました。

 

読売新聞大阪本社版5月17日付朝刊「エンターテインメント小説月評」にて『人でなしの櫻』をご紹介いただきました。

 

皆様、本当にありがとうございました!

« 『人でなしの櫻』発売中です。 | トップページ | 『イオカステの揺籃』発売中です。 »

コメント

遠田先生 人でなしの櫻拝読しました。作者の中にあるマグマのような塊を何度もぶつけられている気がしました。天女のように優美でたおやかだと思っていた先生が、その面と衣装をはぎとり、竜の姿になってどこまでも駆け上がる姿が浮かびました。私は、30代のおわりにある作家の作品に出合い、心酔し、その方の作品を読むとしばらく現実の生活に戻ってくるのに時間がかかる時期がありました。今回、それを久しぶりに思い出し、又そう思わせてくれる「人でなしの櫻」に出会う事が出来ました。
これからも駆け上がっていくお姿をずっと拝見していきたいです。先生の紡ぎだす物語をもっと自分の身体の中にためていきたいです。ありがとうございました。

いつもありがとうございます。自分に書けることをギリギリまで追及していきたいと思います。
よいこともよくないことも精一杯書くつもりです。どうぞよろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 『人でなしの櫻』発売中です。 | トップページ | 『イオカステの揺籃』発売中です。 »