« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月27日 (水)

新刊 『オブリヴィオン』 特設サイト オープン!

『オブリヴィオン』 光文社 10月18日刊行予定の

特設サイトがオープンしております!

綺麗なサイトです。どうぞ、ご覧ください。

http://www.kobunsha.com/special/tohda/oblivion/

あらすじ紹介や、簡単なものですが皆様へのメッセージもございます。

また、10月6日までですが、『オブリヴィオン』のゲラを読むこともできます。

お読みになった方、メールでもツイートでも結構ですので、

是非是非、ご感想をお寄せください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年9月26日 (火)

『冬雷』の書評です。

「ジャーロ」2017年秋号に『冬雷』の書評が掲載されました。

山前譲様、ありがとうございました。

2017年9月23日 (土)

古典名作本の雑誌

別冊本の雑誌19 『古典名作本の雑誌』の「青春小説」のコーナーで、

北上次郎様が夏目漱石の『それから』を紹介されております。

その際、拙著『冬雷』にすこし触れてくださっております。

本当に嬉しくてありがたいです。

興味がおありのかた、是非お読みになってくださいませ。

2017年9月20日 (水)

新刊 『オブリヴィオン』 『カラヴィンカ』 のお知らせ。

ご無沙汰しております。

新刊のお知らせです。

『オブリヴィオン』 光文社 単行本 10月18日刊行予定

大阪の街を舞台にした、三人の男たちの物語です。

キーワードは「競艇」「茅の輪」「バンドネオン」といったところでしょうか。

主人公、森二が出所してきたところから、物語がはじまります。

オブリヴィオンというタイトルはアストル・ピアソラの同名曲から。

美しくて哀切な旋律が心に沁みる、タンゴの名曲です。

その意味については、どうぞ読んでお確かめください。

『カラヴィンカ』 角川文庫 10月25日刊行予定

2012年発売の『鳴いて血を吐く』を改題文庫化したものです。

カラヴィンカとはサンスクリット語で迦陵頻伽のこと。

長らく入手困難でご迷惑をお掛けしておりましたが、

この機会にお手に取っていただければと思います。

『オブリヴィオン』 『カラヴィンカ』と、はじめての片仮名タイトルです。

どちらも、非常に綺麗で印象的なカバーです。

どうぞ、お楽しみになさってください。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »